ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > その他 > トライク以外の番外編:スーパージョグ ZR のカスタマイズ記録

JOG アルミホイール、タイヤ、ブレーキ、サスペンション

 
私のジョグ ( 型式:3YK ) は、2ストのエンジンで気持ちよく回るし、スタートダッシュでも最近の 4ストのスクーターを
置き去りに出来るほど加速もスピードも良いんだけれど、、、
やっぱり 20年近く前の古い原付なので、日々のメンテナンスがマジ欠かせません。 (^^ゞ

特に命を預けているといっても過言ではないタイヤやブレーキなどの足回りの点検・修繕は重要です。
今までに大幅な改修は 2度ほど行いました。

幸い、3YK は今も人気のある車種なので、パーツ類が現在もまだ豊富にあって助かります。



【 足回りの大幅な改修 1回目 】


タイヤは最も重要なパーツと言えます。
この上に命を乗せて走っているワケですからね〜
言わずと知れた高級ブランド、ピレリをチョイス。( でもワリと安かった(笑) )

 
これ、中華ホイールですが、わりと芯も出ていてブレもなく、お買い得品でした。 
シルバーで同じ形状のホイールが日本のメーカーから売られてますよね。

この中華ホイールって、50cc 用と 90cc用の 2通りあるんですけど( リヤの軸径が違う )、売ってる人がよく判って無いみたいで
詳しい説明が一切無しで売られていることが多く、50cc 用だと思って 90cc 用を買ってしまう人もしばしば。。。( その逆も多い )
ネット上では上手く取り付け出来ないホイールとして名高いようですが、私は偶然にも 50cc 用をゲットできましたので
きちんと装着できております (^o^)v
ちなみにホイールの重さは前後共に 1.8 キロです。
軽いホイールだとブレーキの効きも良くなるし、サスの追従性も良くなるのでお薦め。

 
ついでにタイヤも測っておきました。前後共に 3.0 キロでした。


 
フロントのブレーキローターは、200mm の大径ウエーブタイプに交換。( 中華ローター )
付属のキャリパーサポートがいかにも弱そうな金属だったので、ジュラルミン製の KN企画のキャリパーサポートを使用。


ホイールにタイヤとブレーキローターを組み付けたところ。
ローター固定ボルトはチタンカラーの物をチョイス。

 
ブレーキパッド・ブレーキシューは共にキタコ製を使いました。
このキタコのフロント用のブレーキパッドは、かなり強烈に効きます。
ステンローター( 中華ですが… )との相性がもの凄く良くて、フロントフォークやフレームが歪みそうなほど ガツンッと効きますよ〜

 
取付作業中のようす。 

 
完成写真です。
流石に古いバイクですので、フロントの純正ブレンボキャリパーが結構傷んでしまってますね。。。(^^ゞ 
効きは抜群ですが、定期的なメンテナンスが必須です。 

あと、リヤ側は少し経ってから写した写真です。
ブレーキダストでタイヤの色が少し変わっているのと、パターンが減っているのが判ると思います。
先にも述べましたが、このホイールは上手く取り付け出来ない場合が多いようなので、ちゃんと取り付け出来て 
実走行も出来ているという証拠写真です (笑) 

ただし、、、このホイール、、、、ドラムブレーキのシューが当たる部分もアルミなんです (苦笑)
このホイールのコピー元だと思われるキタコのホイール ( KN企画でも売っている ) は、ドラム部分には鉄が入っていて安心ですが
こいつはブレーキをかけるとホイールも同時に削れてしまいそうで非常に不安です。。。
まあ、このホイールは消耗品として考えればいいのかな。( …と言っても 2年以上ノントラブルでした ) 


【 足回りの大幅な改修 2回目 】

1回目の大幅改修から数年後、経年による劣化も進んでいて、1回目よりも更に多岐にわたって改修です。

 
リヤホイールは先にも書きましたように 「 消耗品扱い 」 として、交換です。
今回は、アルミホイールだけどドラム部分はちゃんと鉄で出来ている日本メーカー物をチョイス。
( ホントは前回と同じゴールドカラーの中華製が欲しかったが、2年以上経ってて既に入手不可だったのでこれを買いました )
塗装を施しブラックメタリックに仕上げて、オレンジ色のリムステッカーを貼ってます。
タイヤはダンロップの RUNSCOOT-D307 100/90-10です。

 
純正ブレンボがボロボロ状態でしたから、NCY 製のブレンボタイプキャリパーに交換。
純正ブレンボは暇なときにオーバーホールして、予備として保管しておく予定です。 

 
キャリパー交換に伴い、ブレーキホースもステンメッシュの物に交換です。
ブレーキパッドは前回と同じキタコ製。これは非常によく効くので迷わずチョイス。

 
バンジョーボルトは 10 x 1.25 です。ブレンボ系は 1.0 が基本ですが、今回のブレンボ タイプ キャリパーは 1.25 ですね。
クラッシュワッシャーも忘れずに交換です。

 
リヤのブレーキシューは、KN企画製にしてみました。
それと、ブレーキ調整用ナットもオレンジアルマイトの物に交換。

 
KN企画製のフロントショック。

 
ステムとステムベアリング類も新品交換。


フロント足回りと、ステム交換作業中。。。
こうやって見ると、フロントサスはサビがかなり出ていて傷んで来ています。
1回目の改修時はピカピカだった のに、、、経年変化がハッキリと見てとれますね。


フロントサス、NCY キャリパー、ステンメッシュホースなど、前まわり取付完了。


リヤはこんなふうです。
あっ、、、エンジンかかってる時に撮った写真なので肝心のタイヤとホイールが… (^^ゞ


実は全体的に改修中で、まだまだ作業途中だったりします。
知り合いの工場の片隅を借りて作業をして、その駐車場内で試走。
とりあえずイイ感じに足回りが仕上がりました。



記事掲載日 2015/08/25
検索用キーワード:TRIKE,トライク,ICEBEAR,ファルコン,DF150TKA,3 WHEEL BIKE,Ningbo Chariot Industry Trade,GY6,157QMJ,中華トライク,整備,メンテナンス,カスタマイズ,改装,改造