ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > リバーストライク > 足まわり系

ファルコン ワイド&ローブラケットの取付、リヤサス交換

 購入店で行っている納車前特別メンテプログラム。
ワイド&ローダウンキットは是非とも装着したかったので、納車前にお願いして施工してもらいました。

ノーマルだと
全幅 960mm
全高 1,160mm
ですが、ワイド&ローブラケット取付時は、
全幅 1,050mm 〜 1,120mm  ( +90 〜 +160 )
全高 1,065mm 〜 1,085mm  ( -75 〜 -95 )
になって、文字通りワイド化とローダウン化の一石二鳥アイテム。



↓ パーツのコーティングもお願いしました。
     
プラスティーディップというコーティング剤を吹き付けているところ。
薄いゴム状の保護膜を作って錆びにくくなります。

↓ 塗装が済んだら組み付けです。

足まわりがほとんどバラバラ。。。 結構大変そうです (^^ゞ

↓ 完成状態。

サスアームの根元の取付位置を延長することでワイド化し、ワイド化に伴いダンパー取付距離が伸びるため結果としてローダウン。
ノーマルだと 「 ハの字 」 に近い状態のサスアームだけど、ワイド&ローダウンキットによって横一直線に近くなります。
このようにダブルウィッシュボーン系の足は、アームが水平に近い状態のほうが格好いいですよね。

 

↓ 交換したリヤダンパーはこんな感じ。
 
無段階のネジ調整式です。乗り心地も悪くないです。


真横から見た全体像。
リヤも結構ローダウンしてますね。ノーマル状態と比べるとタイヤとフェンダーの隙間がかなり少ないです。

このキットを組むメリットとして、
・ ワイド & ローダウン化により、走行安定性の UP
・ タイロッドがサスアームと平行に近くなることによって、バンプ時のアライメント変化が少なくなる ( 結果として乗りやすくなる )
などがありますが、やっぱり一番なのは見た目でしょ! (笑) 
もう単純に 「 格好良くなる 」、「 フォルムが美しい! 」 ってことです。
これマジでサイコー! (^^ゞ


記事掲載日 2014/01/09
検索用キーワード:TRIKE,トライク,ICEBEAR,ファルコン,DF150TKA,3 WHEEL BIKE,Ningbo Chariot Industry Trade,GY6,157QMJ,中華トライク,整備,メンテナンス,カスタマイズ,改装,改造,バイク,FI化,インジェクション化