ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > リバーストライク > メンテナンス系

ファルコン GY6 オイル交換、グリス充填、CDI交換、プラグ交換

 購入店で行っている納車前特別メンテプログラム。
エンジンオイル交換、ミッションオイル交換、足回りグリス充填、NCY製CDI交換、NGKイリジウムプラグに交換。
オイル代 & 部品代 & 工賃込みでリーズナブルな価格 ( 1万5千円 ) でしたので、納車前にお願いして施工してもらいました。

【 オイル交換 (エンジン & ミッション ) 】

  
上の写真の矢印部分がエンジンオイルの注入口とドレンボルト ( これは正確にはオイルフィルターで、正規のドレンは反対側にあります )。
両方ともエンジンファンのすぐそばにあります。

  
新車ですが最初っから真っ黒なオイルが出て来ていますね。 中華エンジンはまず乗り始める前に交換が基本かと (^^ゞ
REPSOL の 10W40 を入れてもらいました。
車高をいじっていてエンジンが傾いている場合は油面も傾くので、その分多めに入れておくのがポイント。
その後の交換は出来るだけこまめに ( 200 〜 500キロ程度? ) 行うのが鉄則のようです。

  
ミッションオイルは車体左側から。
エンジンオイル同様、早めの交換が望ましいようです。



【 グリス充填 】

  
フロントサスアームの可動部分にグリスを充填してもらいました。
初期状態ではグリスがあまり入ってないようで、サスの動きが少々渋い状態。。。
グリスをニップルからしっかりと流し込んでサスが少しでも滑らかに動くようにするワケですね。
こちらも乗り始める前に確実に行っておきたいメンテのひとつです。



【 CDI交換、プラグ交換 】

  
NCY 製の CDI と、NGK 製のイリジウムプラグに交換してもらいました。
これは結構効果があるとのこと。
なお、CDI 交換で、8000rpm までのレブリミッターがカットされます。
まあ、実走行ではそこまで回らない気がしますが、、、(^^ゞ


記事掲載日 2014/01/16
検索用キーワード:TRIKE,トライク,ICEBEAR,ファルコン,DF150TKA,3 WHEEL BIKE,Ningbo Chariot Industry Trade,GY6,157QMJ,中華トライク,整備,メンテナンス,カスタマイズ,改装,改造,バイク,FI化,インジェクション化