ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > リバーストライク > 外装系

ファルコン フェンダーレスキット

 ファルコンのスピードメーターは、かなりのハッピーメーターで実際よりも速度が多めに表示されます。
スピードセンサーは後輪の軸にありますから、リヤタイヤを標準よりも大きいサイズにすることで、ハッピー状態を多少なりとも
和らげることが出来るんですが・・・・ 

車高を落としてるんで、結構タイヤとリヤフェンダーがギリギリだったりするんですよね。(^^ゞ
↓ 左の写真は無人状態、右は乗っている時で足は地面に付いてます。足をステップに乗せるともっと沈むのかな (苦笑)
     
停車してる時はまだしも、走行中に段差とか越えると反動でタイヤがリヤフェンダーと擦れてるかも?
このままだと大きいサイズのタイヤはつらいかな。
それに見た目もちょっとね。。。( 体重でサスが沈み込み過ぎたように見えて、どんだけ太ってるの?! って感じだし )
ってことで、リヤフェンダーレスにしたいと思います。

毎度のようにヤフオクでポチリました。レス化するためのナンバーステーと言いますか、フェンダーレスキットです。

ヤマハ・マジェスティ( SG03J )用、アルミ製で黒色塗装済み。¥3,280- でゲット。

取付作業は簡単です。実質 10分ぐらいでしょうか。
     
テールランプ下のパネルをとめているネジを抜くと、パネルは手で引っ張れば外れます。
上の写真ではナンバープレートは付けたままですが、ナンバープレートは先に外したほうが作業しやすいです。


パネルを外したあとは、テールランプの両脇下にあるネジ ( 合計4本 ) を抜き、ナンバープレートの斜め上のボルトを 2本抜きます。

     
軽くテールランプを上方向に持ち上げて、リヤフェンダーを下に引っ張って抜き取ります。
( ここは無理をせず、じっくりと慎重にね )

     
以前バラした時にも気になっていたんだけど、ネジ穴の入り口が少しナメ気味だったのでタップで修正。
外したリヤフェンダーの代わりにフェンダーレスキットを取り付けます。

     
テールランプ下のパネルを取り付け、ナンバープレートをリヤフェンダーから外してフェンダーレスキットに移せば完了です。
リヤフェンダーが無くなって、非常にスッキリしました。これでタイヤを大きく出来ますね!

ちなみにナンバープレートは最後に取り付けないと、テールランプ下のパネルが付きません。
テールランプ下のパネルはナンバープレートよりも先に取り付けましょう。
これはナンバープレート位置がノーマルと変わったせいですね。
右上の写真のように、このキットを付けるとナンバープレートは斜め45度ぐらいの角度で付きます。


さてさて、どこまで大きいタイヤが入れられるか楽しみ。
出来るだけボリュームのあるやつを入れて迫力あるリヤビューにしたいところです。
って言っても、もうタイヤは買っちゃってるんですけどね(笑)
タイヤ大きくすると車高も上がっちゃうから、そこが悩みどころかも。




記事掲載日 2014/02/20
検索用キーワード:TRIKE,トライク,ICEBEAR,ファルコン,DF150TKA,3 WHEEL BIKE,Ningbo Chariot Industry Trade,GY6,157QMJ,中華トライク,整備,メンテナンス,カスタマイズ,改装,改造,バイク,FI化,インジェクション化