ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > リバーストライク > 足まわり系

ファルコン リヤタイヤの交換

 
ファルコンのスピードメーターは、非常にハッピー仕様(笑)
スピードセンサーは後輪に付いているので、後のタイヤサイズを大きくすれば多少なりともハッピーが解消されるハズ。

↓ そんなワケで、大きいタイヤを用意してみました。
     
ブリジストン HOOP B02 140/70-13 です。
幅を1サイズ大きくして、更に偏平率を 70 に。 …ってゆーか、入るんだろうか、、、これ?
何はともあれ、純正タイヤを外して組み込んでみることにします。

ちなみに純正タイヤは、130/60-13 です。外周はホイールに組まれた状態の実測で 1,546mm ありますね。

↓ ホイールのエアバルブ取付部分がバリだらけなので、ヤスリで少し削って綺麗にしているところ。もちろんバルブも新品交換。
     
HOOP B02 は、組み付けて外周を測ってみると 1,650mm ありました!
上手く車体に組み付けられれば 6.7% 大きくなってその分はハッピーが解消されます。

…が、しかし、、、、、


↑ これ以上入らない。。。。 (^^;; ヒヤアセ 

↓ エンジンオイルの給油口と、そのすぐ上にあるネジ穴部分が邪魔をして入らない状態。

ここさえ通過出来れば入るんだが、、、、
よほどの怪力でタイヤを押しつぶすか、ミッション側をバラしてアクスルシャフトを一旦抜けば問題無く入って使えるハズ。

↓ タイヤの半径は、( 外周 1,650 ÷ 円周率 )÷ 2 = 約 262.7  なので、約 5ミリほど余裕がある状態なのだが…

どうしても手前にあるオイル給油口等が邪魔。
うーん、、、仕方ない、、、
今回は、ミッション部分のガスケットまでは流石に用意していなかったので、ブリジストンは一旦あきらめて 「 プランB 」 に移行します。

↓ はい、気持ちを切り替えて KENDA タイヤです!
     
以前、「 これなら入るよ 」 とアドバイスを頂いた KENDA の 140/60-13
こんなこともあろうかと、密かに用意しておきました(苦笑)
年末年始にヤフオクで特別セールしていたショップがあり、3千円ぐらいで即決ポチリ。

サイズ的には幅が 1サイズ上がっただけの状態ですが、ホイールに組む前は幅が 150mm 以上あって、見た目は迫力満点です。
ただしサイド部分は結構固く、ちょっと強引にやらないとホイールになかなか入って行きません。

それと、ビードが上がりづらかったです。
ビードワックスを多めに塗っても小型のコンプレッサーではダメで、知り合いの工場の大きなコンプレッサーを借りて一気に圧をかけて
ビードを上げました。

↓ タイヤさえホイールに組み込んでしまえば、車体にはスルッと組み込めました。

ん?! スルッと組み込めた??? えぇぇぇぇぇ?!

KENDA の外周を測ってみると、1,555mm しかありません。
ファルコン純正が 1,546mm ですから、外周はたった 9mm しか違わないのです。
( エアを満タンにした状態で半径が 1.44mm の差しかないので、スルッと入るワケです (^^ゞ )

当初の目的である 「 大きいタイヤを入れてハッピーメーター解消 」 は、このタイヤでは全くの無意味… orz
本来、幅を大きくすればそれに伴って径も大きくなるんですが、KENDA は設定が小さめなのかな。

     
なお、ホイールに組む前は 150mm 以上あった KENDA の幅は、実際にホイールに組むと 133.18mm 程度まで減少。
ファルコン純正タイヤはホイールに組まれた状態で 117.66mm 。
その差は 15.52mm ( 左右 7.76mm ずつ )しかないので、思ったよりも太くなってはいないです。(^^ゞ

これでは物足りないってゆーか、全然目的を果たせてないので、ミッションをバラす時にでもブリジストンで再チャレンジですね。
もしくは、、、いっそのことスピードメーターを入れ替えて根本的にハッピー解消させようかな?
悩みどころです。



記事掲載日 2014/03/05
検索用キーワード:TRIKE,トライク,ICEBEAR,ファルコン,DF150TKA,3 WHEEL BIKE,Ningbo Chariot Industry Trade,GY6,157QMJ,中華トライク,整備,メンテナンス,カスタマイズ,改装,改造,バイク,FI化,インジェクション化