ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > リバーストライク > 足まわり系

ファルコン リヤブレーキ ウェーブディスクローターと交換

 
ファルコン純正ブレーキローターは穴あきディスクでそれなりに良いんだけれど、やっぱりビジュアル的にイマイチなのは否めない。
…で、市販のウェーブディスクローターに交換したいと思い、合いそうなヤツを買ってみることにしました。( 相変わらずのチャレンジャー (笑) ) 

ファルコンの外装はヤマハのマジェスティ互換だけど、エンジンや駆動系はホンダと互換。
最初にまず、ホンダ・スペーシーあたりのディスクが使えそうだと思ったら、スペーシーは直径 190mm のディスクなんですよね。。。
ファルコン純正は直径 220mm なので、スペーシーと一部互換の ホンダ・NS-1 用のフロントディスクならどうだと思いついて調べてみたら
ジャスト 220mm !

取り付け寸法的にも同じっぽいので、いつも通りヤフオクでポチリました〜

  
リヤタイヤの位置調整をしてから ディスクとキャリパーサポートとのクリアランスが少なくなってしまったので
本当はフローティングタイプじゃなくて一枚タイプのディスクを選びたかったけど、ついつい外観の好みで選んでしまった(笑)

※ フローティングタイプは、フローティングピンが出っ張っているので、クリアランスが多く必要。。。

ちなみにこのディスク、ファルコンに取り付けると回転方向に対して 「 外周側から内側へとスリットが向く 」 ようになります。
一般的には見た目として回転方向に対し 「 内側から外周側へスリットが向く 」 ほうを好まれる人が多いようですが、
ブレーキの効き具合からいうと 「 外周側から内側方向 = ガッチリ効く傾向 」、「 内側から外周方向 = マイルドに効く傾向 」 があり、
私的にはガッチリ効いたほうが好みなので、ちょうど良いですね。



思った通り、ジャストフィット♪  無改造のボルトオンです。( いやマジ、付いて良かった (^^ゞ )



取付完了です。 なかなかスパルタンな感じでカッコ良い。

↓ でもやっぱりフローティングピンとキャリパーサポートのクリアランスが本当にスレスレなので、、、
  
クリアランス確保のため、調整用シムを 1mm ほど入れました。
今回はステンレス製です。これなら前回のアルミワッシャーのように潰れたりしない ので安心です (笑)

  
まあ、1mmなんで、調整用シムを入れてもギリギリなのはあまり変わらないけど、入れないよりマシってことで (^^ゞ

なお、効き具合ですが、まだブレーキパッドと当たりが取れてない初期状態でも、そこそこ普通に効いてくれるので
ある程度走ってブレーキパッドと馴染んだら結構良く効きそうかも。
これは期待したいところです。



記事掲載日 2014/05/18
検索用キーワード:TRIKE,トライク,ICEBEAR,ファルコン,DF150TKA,3 WHEEL BIKE,Ningbo Chariot Industry Trade,GY6,157QMJ,中華トライク,整備,メンテナンス,カスタマイズ,改装,改造,バイク,FI化,インジェクション化