ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > リバーストライク > 足まわり系

ファルコン RDR 社製 リヤショック

 
↑ RDR社製 シグナス用のリヤショック。寸法的にはマジェ用とかと大体おなじぐらいのサイズなので買ってみました。



↑ 似たようなデザインで、無印のお手頃価格の物をヤフオクでよく見かけますが、
それらと比べてこれは流石にメーカー物ですから格段に良いクオリティーです。


↑ 枯れ葉の舞う中、野外での作業はメッチャ寒いため、、、、 (^^ゞ

↓ 作業中の写真は無しで、いきなり完成  (笑) 

↑ 上下のボルトを抜いて入れ替えるだけです。 外装はそのままバラさずに作業できます。


↑ 全長 320mm だとローダウンブラケットも要るかとおもったんですが、このショックはファルコンよりも車重の軽いシグナス用だったため
ブラケットを付けると車高が下がり過ぎるので今回は使用していません。。。 


↑ 乗車していない状態です。バネは加圧していません。( プリロードゼロ )
マフラーが外装パーツに結構近づいてしまっていますね。。。


↑ 柔らかめで、とてもしなやかな感じの良いバネなんですけど、ファルコンの重みで半分近く沈み込んでいますね (^^ゞ


↑ 走らせたら、、、やっぱりマフラーが当たる!!
ボディー面が少し傷付いてしまいました。。。


↑ とりあえず、バネは約 10mm ほど加圧して、当たった部分にはカーボン板を丸く切って貼っておきました。
ウェットカーボン板ですが、最低でも 100℃ぐらいは耐えられるハズなので、もし、また当たっても何とかなるかと (^^ゞ

うーん、、、
フロントのショック交換の時もそうだったけど、寸法だけでチョイスするとダメですね (苦笑)
購入するショックが何用の物で、その車両がファルコンと比べた時に近い重量じゃないと車高が落ちすぎて色々と問題が出て来ます。
無論、バネを加圧して行けば回避は可能なんだろうけど、折角しなやかなバネをガチガチに締め上げるのは、どうも趣味じゃないしね。

このショックはエンド部分が 「 コの字 」なので、丸タイプに変換してフロントに使おうかと現在思案中。。。
フロントなら純正よりもこのショックが 4 〜 6cm も長いことになるので、多少沈み込んでも適度な車高になりそうですからね。




記事掲載日 2015/01/15
検索用キーワード:TRIKE,トライク,ICEBEAR,ファルコン,DF150TKA,3 WHEEL BIKE,Ningbo Chariot Industry Trade,GY6,157QMJ,中華トライク,整備,メンテナンス,カスタマイズ,改装,改造,バイク,FI化,インジェクション化