ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > リバーストライク > ハンドルまわり、メーター系

ファルコン アルミ削出し ブラックハンドルポスト 取付詳細

 

アルミ削出し ブラックハンドルポストです。
ファルコン純正のこの部分は、プラスチックのメッキカバーが付くんですが、メッキが劣化して来たのでこれに交換する事にしました。

このハンドルポストは、ヤマハ・マジェスティ ( SG03J  ) 用です。
いつも通り、マジェ用がそのままボルトオンで付きます。 


  
ブレーキホースやハンドルスイッチの配線、アクセルワイヤーなどが通してある純正メッキカバーの上部のところは、
上の写真(左)のように分解出来ます。
ブラックハンドルポストのほうは上部がネジで分解できるので(上の写真・右)、配線等を簡単に通すことが可能です。



交換は、ネジを外して付け替えるだけなので、わりと簡単な作業だと思います。
なお、ハンドルの高さが約 3cm ほど上がります。 
組み合わせるハンドルによっては、ブレーキホース等の長さが足りなくなる場合がありますので要注意。 

純正のプラパーツよりも圧倒的な存在感、そして質感がとても良くなるのでお薦めですね〜




記事掲載日 2015/03/15
検索用キーワード:TRIKE,トライク,ICEBEAR,ファルコン,DF150TKA,3 WHEEL BIKE,Ningbo Chariot Industry Trade,GY6,157QMJ,中華トライク,整備,メンテナンス,カスタマイズ,改装,改造,バイク,FI化,インジェクション化