ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > リバーストライク > エンジン&駆動系 (6)

ファルコン 配線作業 イグナイター ( フルトラ )


今回、私が載せ換えに使ったエンジンは 4HCタイプのマジェスティ最終型、「 SG01J 」 とか 「 5CG4 」 とか
呼ばれている型式のもの。
特長としてはリアがディスクブレーキで、98年以降に義務化された 「 ヘッドライト常時点灯 」 の対応モデル。 

この  「 ヘッドライト常時点灯化 」 によって、イグナイターもそれ以前と以後で形状が異なります。


左側が 「 ヘッドライト常時点灯化 」 のイグナイター。右側がそれ以前のもの。
コネクターが 2つになり、小さいほうのコネクターには 1本だけ配線があって、その配線はヘッドライトリレーの制御用。
キーを回して電源ON にしただけではヘッドライトは点灯せず、エンジンがかかるとヘッドライトリレーが ON になって点灯する仕組みです。 
( ただし、エンストしても OFF にはなりません。 ヘッドライト ON ≠ エンジンがかかってる状態  ) 

ちなみにこのイグナイターの点火方式は 「 フルトランジスタ方式 ( フルトラ ) 」 です。CDI 方式ではありません。
この次の SG03J 型も、イグナイターはフルトランジスタ方式です。
よく、プロの人がマジェのイグナイターを CDI とか言ったり書いてたりしてるのを見かけるけど、、、(笑)
点火コイルやピックアップ部分とか見て判断出来ないとは、なんとも情けない 「 プロ 」が多いこと。


さて、肝心の接続方法ですが、ハーネスのコネクター爪側を上にし、端子側から見て上段の左から以下のように繋ぎます。
( 配線側から見ると、上段・右からの順になります )

【 上段 】
白/緑 … 車速信号     ここから走行距離を計算してオイル交換を促すランプを点灯させる仕組み。 接続しなくてもエンジンはかかる。
黒/赤 … リセット     オイル交換ランプの距離リセット用。 こちらも接続しなくて OK
赤/白 … 電源       キーON で 12V
黄/赤 … チョーク     キャブのオートチョークとラジエターのサーモスイッチの間に結線。 オートチョーク不要の場合は結線しない。
【 下段 】 
青/黄 … サイドスタンド  ファルコンにはサイドスタンドは無いので、アースさせておけば OK
黄   … ピックアップ   ピックアップコイルに接続
黒   … アース
橙   … 点火コイル    点火コイルの小さい端子側


なお、ピックアップコイルの点検は、コネクター端子間の抵抗値が  168 〜 252 Ω ( 20 ℃ )、
イグニッションコイルは、端子間 ( 一次コイル側 ) が 3.6 〜 4.8 Ω ( 20 ℃ )、
端子・ハイテンションコード間 ( 二次コイル側 ) が 10.7 〜 14.5 kΩ ( 20 ℃ )の範囲内なら正常。
点火プラグキャップは 10 kΩ ( 20 ℃ )程度なら正常です。

※ 一次コイル計測は、テスターの [+] を大きい端子、[-] を小さい端子に当てて抵抗値を測定します。
二次コイル計測は、テスターの [+] をハイテンションコードの先端、[-] を大きい端子に当てて計測します。

無論、抵抗値だけでなく実際に目視確認等で傷みが無いかどうかチェックするのも重要です。



記事掲載日 2016/05/10
検索用キーワード:TRIKE,トライク,ICEBEAR,ファルコン,DF150TKA,3 WHEEL BIKE,Ningbo Chariot Industry Trade,GY6,157QMJ,中華トライク,整備,メンテナンス,カスタマイズ,改装,改造,バイク,FI化,インジェクション化