ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > リバーストライク > エンジン&駆動系 (7)

FI 化 ( インジェクション化 ) 構成パーツについてのまとめ

 
キャブ車を FI 化 ( インジェクション化 ) する際に必要なパーツについて、まとめておきます。
トライクに限らず、二輪バイクの FI 化の場合などにもご参考になればと思います。


【 インジェクションコントローラーと、パルスジェネレーター 】
 
FI 化で一番重要なパーツ、インジェクションコントローラー。( 上の写真:左 )
元から FI の市販車のチューニングに使われるような燃調を増減するためのコントローラーとは全く違います。
キャブ車を FI 化するために、燃料噴射をフルにコントロールするための装置。
無論、FI 市販車の ECU に該当するモノなので、FI 市販車の ECU と置き換えて使用する事も可能。
私は自作していますが、市販品もいくつかありますね。

それと、燃料噴射をコントロールするためにはエンジンの点火信号を読み取る事で行いますが、4HC 型エンジンの点火信号は
お世辞にも良いとは言えないノイズだらけの信号です。。。
もともと 4HC 型はタコメーターもありませんから、そういった配慮が無い状態と言えます。
FI 化では点火信号がエンジンとコントローラーを繋ぐ生命線と言えますので、別途、パルスジェネレーター ( 上の写真:右 ) を
使用して綺麗な信号を作り出すのが良いでしょう。
私は プロテック (PROTEC) 社製の パルスジェネレーター ( 品番: PG-220 )を使っています。

※ そのうち、点火制御ユニットも作って 「 点火 + 燃調 」 をフルコントロール出来るようにしたいと考えてます。



【 ワイドバンド空燃比計 】
 
基本的には無くても OK なパーツですが、「 FI 化 = キャブよりも正確な燃調を目指す 」 とも言えるので、
燃調の確認のためには重要なパーツです。
自作のインジェクションコントローラーは、この空燃比計からデータを受信して燃調を自動で調整します。

ちなみにワイドバンド空燃比計って、どのメーカーのを買ってもセンサーは BOSCH 製ですよね。
これって BOSCH の独占状態なのかな。
そのへんの 「 大人の事情 」 もあってか、日本精機 ( Defi ) のラインナップには空燃比計が無いんですよね。


空燃比計の取付は、マフラー加工が必須。
取付ボスをマフラーに溶接してセンサーを繋ぎます。 



【 温度センサーと、ソレノイドバルブ 】
 
温度による燃調補正を行うための温度センサー。( 上の写真:左 )
このセンサーから信号を受けて、冷間時に燃料を増量させます。( 温度センサーの詳細はこちらをご参照下さい
また、冷間時にアイドリングを安定させるため、回転数を上げるのに使うのがソレノイドバルブ。( 上の写真:右 ) 



【 燃料レギュレーターと、燃圧計 】
 
キャブと違って、インジェクションでは燃料を加圧して噴射させるので、燃圧の管理が必須です。
FI 市販車では燃料タンクにインジェクション用のポンプとレギュレーターが一体で組み込まれていますが、 
キャブ車の燃料タンクを改造してそれを組み込むのは大変ですから、市販のレギュレーター ( 上の写真:左 ) を使って 
燃圧調整を行います。私はインジェクション系パーツでは定評のある SARD 製を使用しています。
それと、燃圧調整を行う際に、実際にどれぐらい加圧されているか知るには燃圧計が必要となります。



【 燃料ポンプと、コントローラー 】
 
インジェクション用の燃料ポンプ。
キャブ車の燃料ポンプよりも高圧になりますので、電気も非常に消費します (^^ゞ


なるべく電気の消費を抑えるために、私は自作のコントローラーを使用しています。



【 スロットルボディーと、インマニ、インジェクター 】
 
キャブの代わりに必要なのが 「 スロットルボディー 」 です。
シグナス用のスロットルボディーが入手しやすくサイズも豊富なのでお薦めです。( 特に台湾五期用 )
ただし、スロットルボディーを購入しても、普通はセンサー部分が付いて来ません。別途用意することになります。
センサー部分 ( 上の写真:右 )は、台湾五期シグナス用がそのまま使えますが、入手しにくい場合は 4D9 マジェ用が同じなので
4D9 用を使うのが良いでしょう。
インマニも 4D9 用がシグナス用スロットルボディー ( 34パイ ) にピッタリとフィットします。( 上の写真:左 )

 
4D9 用インマニは 4HC 型エンジンにそのままでは取り付けできないため、アタッチメントが必要です。( 上の写真:左 )
アタッチメントの作成詳細 その1アタッチメントの作成詳細 その2

インジェクターは 4D9 用がそのまま使えますし、シグナス用と形状が互換なので種類が豊富なシグナス用を使うのも良いでしょう。



【 燃料ホース 】

燃料ホースはキャブ車用のは使えません。
インジェクション用の耐圧ホースが必須です。



記事掲載日 2016/09/30
検索用キーワード:TRIKE,トライク,ICEBEAR,ファルコン,DF150TKA,3 WHEEL BIKE,Ningbo Chariot Industry Trade,GY6,157QMJ,中華トライク,整備,メンテナンス,カスタマイズ,改装,改造,バイク,FI化,インジェクション化