ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > トライク >

シグナス フロント・ブレンボキャリパー取付  キタコ(KITACO) ビッグディスクローター(280φ) 使用


これはあくまでも個人的な感想だけど、シグナスの純正ブレーキってあまりカッチリとしてないってゆーか、制動力が弱く感じます。
そのせいか、大経のブレーキローターとかカスタマイズパーツがあちこちから売られていますよね。
ただし、純正キャリパーのまま大経にしても、あんまし良いレビューを見かけない。。。
やっぱり純正の片押しタイプのキャリパーだと制動力に限界があるんだね。
…ってことで、ここはブレンボの登場でしょ(笑)
リヤにデフとか四輪用タイヤがあるトライクは、ベースの二輪車よりも重量が増してるからなおさらブレーキ強化がキモになる。
 

汎用の二輪用ブレンボキャリパー。 メーカー型番は 「 20.5165.68 」 です。 対向4ポッドでガッツリ効きますよ〜
ちなみにお値段は¥16,000- なんだけど、普段は四輪のほうがメインの私とかは 「 マジ?! 安い! 」 って思っちゃう。
四輪用は中古でさえ、この何倍もしますからね。

キャリパーのほかに必要なのは、まずはブレーキローターとキャリパーサポート。
あとはブレーキホースや消耗パーツ類も合わせて一気に交換です。
 
     
キタコ製の 28φ ビッグディスクローターセットをチョイス。 メーカー品番は 「 500-0100400 」です。
特殊鋳鉄製のローターなので、一般的なステンのローターよりも効きが良いです。
このセットには、ブレンボキャリパーを固定するためのボルトが入っていないので、別途 「 M10×P1.5 」 のボルトが 2本必要。
それと、ディスクローター交換に伴い、NCYステンレスディスクボルトセット(チタンカラー)を用意しました。
ディスクボルトは消耗品と考えて、ローターと一緒に交換するのがお薦め。
 
     
内径 10mm のクラッシュワッシャーと、バンジョーボルト。 ボルトピッチは 「 M10×P1.00 」 で、ブレンボ用です。
 
     
それと、NCYステンメッシュブレーキホース。 110cm でシグナス用として売られているもの。
ガツンと良く効くブレーキタッチにするには、ステンメッシュのホースが必需品。
あと、ブレーキフルードはカストロの DOT4 を入れました。
 
 
↓ 純正ローターと、キタコ製との比較

純正も決して小さいほうじゃないけれど。。。
だけどキタコ製と比べるとすごい違いがありますね。それだけキタコ製がでっかいってことですね。
 
 
↓ そして、いきなり完成 (^^ゞ  ブレーキフルードを使うから、デジカメで撮ってる余裕なし m(_ _)m

右の後ろのほうに噴霧器が写ってる。。。 これはブレーキフルードが垂れたときのため。
ブレーキフルードが垂れた時はパーツクリーナーよりも水のほうが効果的と聞いて、もしもの時に水をスプレー出来るよう用意しました。
 
さてさてホント、これはローターが目立っていて、ブレンボに負けない存在感がありますね。
もちろんブレンボが主役として、イイ感じに鎮座しているから見た目もとってもグッドです。

…で、効きはハンパないです!
私は体重が重いほうだけど、安心してグイグイ止まれる制動力です。
「 ガッツリ効く 」、「 ガツンと効く 」 などの表現そのもの。
無論、ソフトにブレーキを握れば、それに応じた効きになり、コントロール性もしっかりあります。
ブレーキに絶対的な安心感を求めるなら、これは超お薦めです。


記事掲載日 2013/12/22