ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > トライク >

シグナス ワンオフ製作バック操作レバーカバー

 


シグナストライクにはバックギヤがあり、車体左側に付いている操作レバーで後移動が可能です。
 
↓ ただし、その画期的な機能も純正ではメカむき出しなんで、なんとも野暮ったい感じ。。。
     
そこで FRP の専門会社にて、カバーをワンオフで作ってもらうことにしました。

     
まずはレバー本体を覆えるぐらいの大きさのボウル( 台所用品 ) を使って、型取りします。

     
丁寧に何重にもグラスファイバーを貼り付けて、厚みを持たせます。
さすがプロ、均一に綺麗に仕上がってますね。

     
型取った FRP をボウルから剥型して、実車に合わせてリューター等で加工して行きます。

     
本体側にはカバーを取り付けるためのプレートとステーを設置。
※ ちなみに丸いプレートを取り付けることで、剛性がUPして操作性が良くなります

     
作ったパーツに塗装を施して完成です。( なんかヘルメットみたいですね(笑) )
 
ボディー色の塗料はデイトナ製のを使用。
・ デイトナ(DAYTONA) MCペインター #Y01 【シルキーホワイト/00GE】
・ デイトナ(DAYTONA) MCペインター #PB1 【パールコート】
・ デイトナ(DAYTONA) MCペインター #C00 【アクリル系クリア】
 
※ 最初に #Y01 を塗って、次に #PB1、最後に #C00 の順で塗装。
 
↓ 塗装が乾いたら車両に組み付けて完成です。

メカむき出しだと、トラブルが心配 ( 手を挟んだり、服を引っかけそう )だったのと、見た目が野暮ったくてイヤだったんですが、
カバーが付いてトラブル防止 & 見た目も良くなり大変満足です!
それと、このユニット自体の取付剛性がUPし、レバー操作がやりやすくなったのが嬉しいですね。
( 純正のままだと、レバー操作時にフニャフニャ動いて操作しずらい )

 
備考 :
ワンオフパーツは下記の会社に依頼して作成してもらいました ( 四輪では有名なエアロパーツメーカーです )
FRP ものならば、エアロからワンオフパーツまで、いろいろと作ってもらえます
 
S-craft ( エスクラフト )
埼玉県入間郡三芳町北永井520-2
TEL / FAX : 049-259-7313
 
 
記事掲載日 2013/12/22