ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

ミクニ製キャブの取付準備 : メンテ用ハッチの増設

 
キャブの交換をしたら必ずやらなければならないこと、
それはセッティング。

でも、ファルコンはキャブへのアクセスがあまりよくないです。

もとからあるメンテナンスハッチはキャブが半分みえる程度で
これでは頻繁にキャブの脱着を繰り返すセッティング作業がつらい。。。

そこでメンテナンスハッチの増設をすることにしました。


↑ とりあえず、最低でもこのぐらいは開口部がほしい



↑ 下にあるパネルには、剛性を保つため左右を繋ぐ柱がある
これを切らないように慎重に作業を進めます

  
↑ エアリューターを使ってパネルをカット


↑ もう少し切っても大丈夫そうなので、さらに開口部を広げます


↑ こんな感じに切り取りました
これ以上あけると下のパネルの柱も切れちゃうので、ここまでですね。

キャブを中心にインマニ、燃料ポンプ、燃料ホース、負圧ホースなど
主要な部分に簡単にアクセス出来るようになりました (^o^)v
これでキャブセッティングがやりやすいですね!


↑ ナットサートを埋め込みます。これで直接ネジどめ出来ます。


↑ アルミ板を加工して蓋を作ります

2014-0226.html 
↑ こんな感じに仕上がりました

アルミ板にカーボン柄のシート ( 3Mダイノックシート )を貼り
縁ゴムを付けてネジどめすれば出来上がり。


記事掲載日 2014/02/26