ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

リヤタイヤ位置の適正化 その後

 
「 リヤタイヤ位置の適正化 」 のその後です。



↑ 調整に使用したアルミワッシャーが異様に変形。。。(^^ゞ

おそらく走行時のホイールのブレによって、局所的に力が加わって
こんなふうに変形したんだと思われます。

まあ、もともと様子をみるために入れたアルミワッシャーです。
適正値も判ったので、純正カラーを削ることにします。



↑ フライスを使って削った純正カラー

純正は高さ 30mm でしたので、約 1.7mm ほど削り落として 約 28.3mm です。

前回は約 27.7mm で、ブレーキディスクとキャリパーサポートの隙間が
少なめだったため、0.6mm ほど足して、クリアランスを稼ぎます。



↑ クリアランスは約 2mmほど。
全体的なバランスを考えると、これが妥協点かな。。。

なお、キャリパーサポートを止めてるボルト、ワッシャー入れすぎですね(笑)
( 純正でも、ここには 2枚入ってるけどね )

ステンレスボルトに変更して、ブレーキローターに干渉しない状態にするため
長さ調整で入れたんだけど、短いボルトを探して入れ替えないとダメっすね。



記事掲載日 2014/05/03