ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

TAIDA 社製のビッグヘッド

 

↑ 台湾 TAIDA 社製のビッグヘッドを入手しました〜

海外オークションサイトではよく見かける TAIDA 社。
台湾から直接取り寄せてみました。

各部にバリ等は残ってますが、GY6 系のパーツとしては出来が良いです。
全体的な作りも普通のヘッドと比べると格段に良いですね。



↑ IN 側が 30.5mm、OUT 側が 26.5mm。大きいバルブですね〜



↑ IN 側のポートは、約 27mm 。



↑ OUT 側のポートは、内径が約 25 〜 26mm のガスケット使用可。

IN 、OUT 共にバリや段差はあるものの、ちょっと削れば
良い感じに仕上がりそうです。
まあ、ポートは削ることが前提って感じの作りですね。



↑ バルブスプリングまわりも質が良い。



↑ ポートの大きさ比較。

150cc のほうは、IN 側 24mm 、OUT 側 20mm 程度しかないですが
ビッグヘッドのほうは、それぞれ 27mm と 23mm ぐらいあります。

燃焼室形状は 61mm シリンダー以上のサイズに対応。



↑ 唯一の難点は、、、ヘッドの高さが違うこと (^^ゞ

ノーマルヘッドと比べると、約 6mm ほど背が高い。
これは多分、大きなバルブを納めるためでしょう。。。

カムの取付位置も 6mm ほど移動するため、おそらくカムチェーンの
交換 ( もしくはコマを足す ) が必要になりますね。

私のエンジンの場合、すでにロングクランクでストロークが長い分、
カムチェーンも長くしてありますが、さらにこのヘッドの分も長く
出来るのかどうか。。。

このあたりは実際に試してみないと何とも言えない感じです。
取り付け出来るのか、それとも無理か、時間がある時にトライですね。



記事掲載日 2014/08/19