ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

エアロの製作 その5

 
10月26日のブログの続きです。


↑ 型から抜いて出来たサイドアーマー

エアロ製作話は約1ヶ月ほどご無沙汰でしたが、作業はコツコツと順調に進んでおりました。

造形した原型から型を作り、その型を使ってFRPパーツを作成。
そして出来上がったのがこれですね。


昨日、実際にファルコンのボディーに合わせてみました。
型から取り出したままの状態でも、ほぼ問題なく綺麗にフィット!!

四輪用エアロでフィッティングの良さには定評のあるメーカーさんで作って貰いましたから、
このあたりは流石と言ったところです。

※ 一般的な市販のエアロは、全くボディーに馴染まないと言いますか、かなり削ってボディーに
フィットさせる作業が必須です。

それは、FRPがその性質上、樹脂の硬化時に歪みが発生するのが原因でして、
一般的な市販エアロはコスト面の関係で歪み対策や、硬化プロセス管理に力を入れていないので、
歪んでいてそのままではまともに取り付け出来ない製品が多いのが実状です。

今回、特注して作ったエアロは、四輪用と同様にそのあたりもしっかりやって頂きましたので、
加工なしでも綺麗にフィットしています。


あとは、ボディー側に取付用のネジ加工 ( ナットサート加工 ) と、センターパーツの取付ステー作りなど
行ってからエアロを塗装。

ようやくゴールが見えてきた感じです。



記事掲載日 2014/11/29