ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

キャブ調整と、今年やり残してしまった事

今年も残りわずかですね〜

えーと、まずはファルコンのキャブ調整のお話しから。

結果から書いちゃうと、なんかメチャメチャ調子が良い! (笑)

特に始動性が良くて 10日以上放置でもセル一発ですね。
だいたいセルは 1秒以内( 実際 0.5 秒程度 )で瞬時にかかります。

以前はたった 2〜3日放置でも始動しにくい時があったんですけどね。

リターン経路の新設と、電磁ポンプから負圧ポンプに逆戻りした際、
数日放置でキャブ内のガソリンが揮発するのと、リターンからタンクに
戻されてしまう相乗効果?で、始動する時に空のキャブへガソリンが
届くまで時間が要るため、セルを少し長めに回す必要がありましたが…



↑ 現在の燃料系レイアウト ( VM26 取付時から特に変更無し )

以下は燃料タンクからの経路順です

1 … 燃料フィルター
2 … 逆止弁 ( チェックバルブ )
3 … 燃料ポンプ
4 … リターン分岐
5 … キャブに繋がる燃料ホース
6 … リターン経路
7 … リターン経路 ( タンク側が 5パイなので、6 → 5パイに変換 )

うーん、、、
よくよく考えてみると、始動性が悪かったのは VM24 の時までだったような?

VM24 から VM26 に交換したあと、長い放置はエアロ作成で預けていた時と、
ここ最近、11 〜 12月ぐらいだけだったから何とも言えないけれど。

でもまあ、瞬時にかかるのはキャブ内のガソリンが揮発していない証拠なので
キャブの性能差と考えるのが自然かと。。。
あー、でも冬場だと揮発しにくい?

ただ、去年の冬、ファルコン純正キャブの時も、やっぱり数日放置すると
キャブ内のガソリンが空になって始動性が悪かったから、季節は大して
関係なくて、キャブの耐揮発性能で VM26 が優れているという事になるのかな。


ジェットセッティングは色々と変えてみたけど、最初にセッティングした時の
「 メイン 140番、パイロット 10番 」 が一番良い感じ。

エアスクリューは夏場よりも 1/4回転締め込み ( 濃くしてます )。
アイドリングは冬場の暖気をやりやすくするため 200回転ほど増やしました。


…で、、、
これだけ始動性が良いと、やろうと思っていたインジェクション化に対する
気持ちが鈍りますね (^^ゞ
ってゆーか、冬場は寒くて何をするにも気持ちが鈍るけど (笑)



↑ インジェクション化のために揃えたパーツ

ヤマハ・シグナス用のインジェクション用パーツです。
これらをファルコンに移植したいと思います。
インマニとスロットルボディーは KOSO 製。
インマニの取付ピッチが違うので、ネジ穴は少し削って調整が必要。

インジェクション化のカギは、点火タイミングの再現にかかっています。
シグナスの点火タイミングと同じように GY6 でも再現できれば OK。

そのためにはフライホイールとピックアップの位置関係を知る必要が
あるのでこのあたりのパーツも揃えました。

ただ、このフライホイールとジェネレーターは、実際には使わない予定。
これを移植するより、GY6 のフライホイール改造のほうが楽だと思うので。



↑ シグナス インジェクション車のメインハーネス。

中央の箱状のものが ECU。( インジェクションコントローラー )
このハーネスの束から必要な部分だけをより分けて使用します。 



↑ シグナス インジェクション車の燃料タンク ( 燃料ポンプ、燃料レギュレーター付き )

燃料ポンプ & レギュレーター部分を切り取り、ファルコンの燃料タンクに
溶接して移植しようと考えています。


あとは、セッティング用に Dilts-Japan の ENIGMA と O2 リプレイサーを
買い揃える予定になっています。
まあ、このあたりのパーツは日進月歩ですから、やる直前に買うのが良さそう。


準備は着々と進んでいますが、その前にエンジンを載せ換えないとね (笑)
それと前回のブログでも書いた排気量アップで問題になりそうな部分の
強化・改善もやらないと。。。(^^ゞ

エアロもあと少しで完了予定。。。 今年は色々とやり残したことがいっぱいです。



記事掲載日 2014/12/30