ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

ブラストフルコン−1プラス 特注仕様

今回は、FI 化のメインパーツ、ECU ( フルコン ) です!



↑ アップシフト ( UPSHIFT ) 社の 「 ブラストフルコン−1プラス 」 。
これは市販品に機能をいくつか追加してもらった特注仕様です♪

写真の 500円玉はサイズ比較のため。わりとコンパクト。


FI 化を考え始めた当初は、シグナス用の ECU をそのまま使って
市販のサブコンでセッティングしようかと思っていましたが、、、、

このやり方だと汎用性が著しく低いから、今後さらなるエンジン載せ換え
などで転用しにくい。。。(^^ゞ
それにサブコンだと調整範囲も少ないので、セッティングを煮詰めながら
じっくりと楽しむには、やっぱりフルコンが良さそうだからね。


アップシフト社のフルコンは、一般向けと言うよりもレースなどの
競技車両用として多くの販売実績があるフルコン。
( まあ、市販フルコンは競技目的が基本かと。。。 )

フルコンなので内部のデータは イチから構築しないとならないけれど、
その分、いじり甲斐があるし大いに楽しめる♪

 
↑ ちょっと判りにくいけど、表計算ソフトのマクロを使ってデータを書き込む。

特別なソフトが無くても ECU データをいじれるので結構使いやすいですね。

 
↑ ECUデータは、このように 3Dマップで見られるので把握しやすい。

 
↑ 電源や各センサー、インジェクター等の接続ケーブル



↑ ここが特注部分。通常の市販品には無い。

センサーの追加と、切り替え機能用のスイッチです。


このセンサーは、エンジン温度を計測するもの。

ブラストフルコン−1プラスは、もともと競技目的で作られてるためか、
冷間始動時の補正機能 ( キャブで言うところのオートチョーク ) が
通常の市販品にはありません。

さすがにそれでは日常使用するにはツライので、エンジン温度を測って
冷間始動時に燃調補正する機能を特注で追加してもらいました。

そのほか、セッティングの切り替え機能など、通常の市販品には無い機能を
搭載しております。(^o^)v
詳しくはまた追々ご紹介して行きますね。



記事掲載日 2015/03/25