ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

スロットルワイヤーステーを作成 (FI化の準備)

FI化に向けての準備で、スロットルワイヤーステーを作成しました。



↑ KOSO製 シグナス用スロットルボディーと、自作ステー

現在使用しているハイスロのスロットル( アクセル )ワイヤーの
寸法に合わせて作成。

ステー部分は強度抜群 5ミリ厚 A2017 ジュラルミン材を使用。
ワイヤーホルダー部分は MC901 ナイロン樹脂材 ( 耐熱 120度 ) です。
取付穴は長穴にして、ワイヤー調節が出来るようにしてあります。



↑ ステー作成中。 いつものように卓上フライスで加工してます。



↑ 完成したところ。面取りして軽く光沢が出るぐらいに研磨してます。
( 10円玉は大きさ比較 )



↑ これは、MC901 ナイロン樹脂材から削りだしたホルダー部分。

MC901 ナイロン樹脂材は、そのままだと青色なんです。



↑ 染料を使って、ホルダー部分を黒く染めました。

染料は普通の衣類用 ( ナイロン繊維が染まるもの ) で簡単に染まります。
まあ、元が青色なんで、元の色よりも濃い色じゃないと染まりませんが (^^ゞ



↑ 現在使用しているハイスロのワイヤーエンド部分がタイコ型ではないので
市販のワイヤータイコを取り付けて使います。

ちなみに普通はワイヤーを切ってイモネジで固定するのですが、それだと
元に戻せなくなってしまうので、切らずに使えるよう改造してます。



↑ 完成状態。

これで現在使用中のハイスロをそのまま使ってインジェクション化が
可能になりました (^o^)v



記事掲載日 2015/04/05