ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

ブレンボ用キャリパーサポートの自作

 
先日、フロントホイールを取り付けた時に少々書きましたが、
ブレンボ用のキャリパーサポートを自作しました。



↑ プロッターで出力した切削用の型紙ステッカーを
ジュラルミン材に貼って、これを基準に作業を進めます。

ジュラルミン材は、A2017 の 5mm 厚を使用。
鉄鋼材に匹敵する硬度があり、純正のキャリパーステーよりも
強度が高いですね。



↑ 卓上フライスで穴開け加工を行い、周囲を削って形にします。

毎度のように切粉だらけなので、今回も写真は少なめです (^^ゞ



↑ ってゆーワケで、あっという間に出来上がり♪

ちなみに、キャリパーサポートの固定穴は、純正キャリパー用の
穴は使用せず、新たに開け直しています。

純正キャリパー用の穴があった部分は、ブレンボキャリパーに
干渉するため、数センチほど削り落としました。

なお、純正キャリパーステー部分は、以前、X-SPEED のディスク
ローター取り付けの際に、鉄板を追加で溶接し強化済み。

かなりガッチリと固定出来たと思います (^o^)v



↑ ステンメッシュブレーキホースは、新たに交換しました。

もともとワイド化キットのせいでブレーキホースが短めでしたので
ある程度余裕のある物にしています。

まあ、本当はあまり長めにしたく無かったんですが、サス稼働の
範囲が広いので、ホースに負荷がかからないようにするためには
長めのホースにしておくのが良いと思います。



記事掲載日 2015/12/04