ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

WirusWin 製ファーストマフラーに A/F センサー取付

 
エンジンが載りましたので、エンジンの位置に合わせて配線等の
取り付けを開始します。

今回は、セッティング用の A/F 計のセンサー取り付けです。



↑ マフラーを仮付けして、おおよその位置を割り出します。

油性マジックペン等で、印を付けたらマフラーは一旦ばらします。



↑ 取付位置はシリンダーに近すぎるとセンサーが焼けてしまいます。

排気量に合わせて程良く離れた位置に取り付ける必要があります。
手元の資料だと 250cc ならば、35cm 程度だと言う事で。

マフラーに穴を開け、そこへ取付用ボスを溶接。



↑ センサーを取り付けて、センサーケーブルを A/F 計に繋ぎます。



↑ 取り付け完了♪



記事掲載日 2016/01/30