ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

FI 化 : 自作コントローラー その2 機能について

 
このところ天気の良くない日が多くなってますよね。
そんなワケで、あまり実走してないんですが、、、

まあ、その分は FI 化の準備を着々と進めております。



↑ 前回よりも基板上の部品や配線が増え、機能も増えました。

でもまあ、こういったマイコン回路は、ほとんどがマイコン内部に
最初から必要最低限のものが組み込まれているから、見た目は結構
シンプルですよね。
一般的には、マジこれで動くの? って感じでしょうか (笑)



基本的には、点火信号を読み取って燃料を噴射させます。

もちろん、ただ噴射させれば良いというモノではないので
各センサーからの情報によって状況に合わせた補正を行います。

全般的には空燃比計の信号をもとに自動的に最適の空燃比になるよう
燃調を行いますが、ある程度はセンサーが暖まらないと正常に動作
しないので、エンジンが冷えている間は温度センサーの信号を使って
燃調補正をさせます。

暖機運転中は、エンストを防止するためアクセルとは別途にバルブを
コントロールしてアイドリングアップも行います。

暖機後は、アクセル開度による補正と、エンジン回転数による補正で
回転数毎の最適な空燃比へと自動コントロール。

あと、一応、簡単な加速ポンプ機能も入れておきました。


とりあえず、ここまでは作ってありますが、まだ卓上だけでしか
動かしたことがないので、実際にエンジンに繋いで正常に機能するか
今から楽しみです。



記事掲載日 2016/07/05