ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > その他 > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

自作コントローラー その11 温度制御を追加

 
FI 化用の自作コントローラーのお話の続きです。
( バイクエンジン用インジェクションコントローラー )


先日、水温計測に変更してから自作コントローラーの
中身のプログラムのほうも、いろいろと見直しました。

まず、空燃比計測をしないモードを追加。

つまり、温度だけ計測して燃調を確定するモードです。
スロットル開度とエンジン回転数のマップの学習は無しで
マップはそのまま使用。

もともと自作コントローラーでは空燃比計測で自己学習を
しながら動作するため、温度に関してはあまり重要視を
してなかったんですが、このモードは万が一、A/F センサーが
壊れた時のためで空燃比計測に頼らなくても通常走行を
可能にします。

ってゆーか、A/F センサー故障は既に経験しましたからね (^^ゞ
空燃比計測に完全依存だと、センサー故障時はまともに
走れなくなってしまいますので。。。

水温計測に変更した本当の理由は、この経験から。
同じトラブルにつまずかないよう、このモードを作ろうと
思ったワケです。


あとは先日も書きましたように、暖気後に少し時間をおいて
再始動する時とか、水温計測によって燃調をもっと的確に
割り出せるようにプログラムを修正。

自作 FI 化っていうと、市販車と比べたら何かと使いづらい
部分がありがちだけど、それも今回の修正でほぼ無くなったかと。

かなり普通に運用できるレベルに到達しつつあります。
( まあ、自己満足の域かも知れないけど (笑) )



記事掲載日 2017/03/20