ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > その他 > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

フレームについて

 
最近、気になる部分として筆頭にあげているフレーム。

FI化のセッティングも済んでエンジンが気持ちよく回って
くれるようになったら、それとは対照的に気になり出してます。

新車時から事故車同然に歪んだフレームと、フロントサスが
元々いい加減に溶接されているから左右が非対称になっている。 

まあ、フレームが歪んでればスピードが乗れば乗るほど、
ハンドルは取られるし、ワダチで予期せぬ方向へと車体が
ブッ飛びますからね (苦笑)

フロントハブは高精度で作り直したし、ベアリングも国産の
トップブランド製品に交換。
ホイールは前後共に日本メーカーの物に交換したおかげで
ホイール自体のブレは一切無いんだけれど、、、

その分、接地感と追従性が向上しているから、余計にハンドルが
取られちゃう感じかな。

フレームの歪みと、非対称なフロントサスに、タイヤが素直に
反応してしまっているんだろうね。
だから真っ直ぐに走らせることが結構難しい (笑)

前回の続きで ETC 実験をしたいと思ったのだが。。。
これじゃ危険すぎて高速走行はちょっと先送りかと。

でも、フレーム修正機とかで引っ張ったら、中華溶接の部分が
簡単にもげちゃいそうだしね (^^ゞ

補強しながら修正か、いっそのこと全部作り直しか、悩んでます。



記事掲載日 2017/05/30