ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > その他 > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

フレームについて その2

 
前回のブログの続きです。



↑ フロント部分のフレーム

ハンドル軸 ( 矢印の所 ) を基準にみると全体的に
向かって左側へと大きくフレームが曲がっている。

ジャッキで少し浮かせているが、左右のサスの付け根の
位置がおかしいため、向かって右側のサスは下がり気味。。。



↑ 接地した状態だと、こうなる。
( サス塗装前の、ちょっと古い写真でスミマセン )

向かって右側のサスの付け根が後側にズレて溶接されてる。
そのため、ホイールベースは向かって右側が短い。

このせいで、走行時は左側にハンドルが取られやすい。

なお、フレームは全体的に向かって左に曲がっているので
本当ならば向かって右側の前輪のほうが前に出るハズだが
妙な感じに曲がって溶接されているから、本来とは逆向きに
向かって右側の前輪のほうが後側へと曲がって付いている。

だから、単純にフレーム修正してしまうと、向かって右側が
もっと後方へとズレてしまうので厄介だ。

新車の時から、こんなふうに歪んだフレームだからね (笑)
我々日本人の正常な感覚からすれば絶対に乗ってはダメな
部類に入るかと。

…ってなワケで、フレーム作り直しは、ほぼ決定かな。
サスやナックル部分も変更したいかも。。。



記事掲載日 2017/06/05