ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

220mm ディスク化について

 
最初にジャイロキャノピーに乗って感じたこと、それは
「 重い 」、「 遅い 」、「 止まらない 」。

重い・遅いは仕方ないとしても、止まらないはマジ危険。

正直なところ、この車体の重さにこのドラムブレーキは
流石に無理ってゆーか、あり得ない (苦笑)

まあ、原付登録なら法定速度は 30Km/h だから、メーカー側は
これでも良いって判断なのかも知れないけれど。。。
でも、荷物を載せる事が前提で、平坦な道ばかりじゃないから
求められるブレーキ性能としてはディスクが必須でしょ。


…で、フロントブレーキのディスク化を考える事にしました。



↑ ディスクローターを入れる際、問題となるのは ○ の部分

このボルトの裏側、つまりボルトを止めるためのナット部分が
位置的にディスクローターと干渉すると思う。。。



↑ 車軸からこのボルトまでの半径は 約 120mm

ナットの径とか差し引くと有効なのは 約 110mm ぐらいだろうか。

このことからフロントにギリギリ入るディスクローター径は
「 直径 220mm 」 という事になる。

ジャイロのフロントホイールは 12 インチ。
今まで乗ってた中で車重的にも近くて、フロント 12 インチは
シグナストライクだ。

シグナス純正フロントローターサイズは、初期の頃が 220mm。
途中から 245mm になっている。
PCX とかグロムとか、ホンダ純正 12 インチだと大体 220mm かな。

それらから考慮すると、12 インチの一般的なフロントブレーキの
ローターサイズは 220mm 〜 245mm ぐらい。

…というワケで、220mm サイズが最低限入るようディスク化を
進める事にしました。


ちなみに、ジャイロのフロントディスク化って、リード 90 の
190mm ディスクローターを組み合わせるのが主流のようだけど、
12 インチに 190mm ディスクローターでは流石に小さいと思う。

リード 90 パーツ移植を最初に考案した人には敬意を表するが、
そもそも移植元であるリード 90 は、10 インチホイールだしね。

例えば、ウチのジョグは 10 インチで 200mm 入れてるし、
ジョグ用 200mm は普通に売られてるサイズだからね。

12 インチホイールで車重が結構重たいジャイロキャノピーに
10 インチ用の 190mm じゃ、少々無理があるかと。
( もちろん、ドラムよりは良いのだろうけど )

やっぱり一般的に考えて 12 インチには 220mm 以上だよね。
個人的には三輪で重い分、245mm 以上にしたいのが本音かな。



記事掲載日 2018/01/20