ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

MOS-FET レクチファイヤー・レギュレーター

 
全波化のお話しの続きです。



↑ MOS-FET レクチファイヤー・レギュレーター

ヤマハの YZF-R1 や、4D9 などでも使われている MOS-FET タイプの
レクチファイヤー・レギュレーター。

今回の全波化には、これを使います。



↑ 製造メーカーは新電元社で品番は 「 FH020AA 」 です。

ヤマハ品番だと 「 1D7-81960-01 」。

MOS-FET 仕様のおかげで普通のレクチファイヤー・レギュレーター
よりも効率よく、低損失・大電流化を可能にします。

ようは、少ない発電力の原付ジェネレーターでも、無駄なく最大限に
電力活用できるスグレモノ。

それと、普通のレクチファイヤー・レギュレーターよりも 低ノイズ化
されるので、FI 化にも最適。

本来は三相ジェネレーター用ですが、単相ジェネレーターでも問題無く
使用出来ます。


ちなみに、これは本物だけど、ニセモノが多く出回ってますよね。
形だけ同じで中身は MOS-FET ではない安物とか。

普通に通販で売られている 一万円以下のだと、まず間違いなくニセモノ
って言われてるよね (苦笑)

間違いなく本物を入手するには、ヤマハなどのメーカーから取り寄せる
のが一番ですね。 



記事掲載日 2018/04/05