ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

ジャイロ 2スト FI 化 インマニとスロットルボディー

 
2スト用の 「 自作インジェクションコントローラー 」 ( インジェクション化 )の
お話しの続きです。( 4ストにも使えます )

今回は FI化に必須のインマニとスロットルボディーのお話し。



↑ グロム用のインマニとスロットルボディー

これを使用します。

グロム用を選んだ理由は以下のとおり。

1.場所を取らないスマートサイズ
2.シンプルで余計な物が無い
3.口径が豊富 ( 22、24、26、28.5、30、34 )
4.アクセルワイヤーの可動距離がオイルポンプ側と同じ
5.コネクターが入手しやすい



↑ インマニとスロットルボディーを分割したところ



↑ スロットルボディーの長さは、約 4cm ほど

同口径のキャブの半分以下ぐらいしかないですね。



↑ シンプル構造

付いているのはアクセル開度センサーとアイドリング調整用のソレノイドバルブ ( ファストアイドルソレノイドバルブ )、
そしてキャブ派にも馴染みやすいエアスクリューがある。

このエアスクリューは、キャブと同様の仕組み。



↑ これはディオ 110 ( JF31 )用

グロム用のスロットルボディーは口径が 24mm 。
ディオ 110 ( JF31 )用は、ほぼ同じ形状で口径 22mm 。
取付穴位置が 3mmほど違うが、1.5mmずつ長穴加工すればグロムのインマニに取付可。

このほか、純正 24mm の口径を 26mm や 28.5mm に拡大加工をしてくれるショップもあるし、
社外品ですが 30mm や 34mm のビッグスロットルボディーもあります。

これだけサイズが揃っていれば、様々な排気量に対応出来るしセッティングにも困らないでしょう。
それにキャブだと口径が変わると性能やクセも変わっちゃう事がよくあるけど、これならそういった心配は無いですね。



↑ グロム用スロットルボディーのワイヤーの可動部分

オイルポンプと同じく半径が 15mm で、約 90度ほど動きます。
ビッグキャブを装着する場合はワイヤーの可動距離が変わってしまうので、その調整が厄介だと思いますが、これを使えば
その心配も無用です。

ワイヤーが固定出来るように少々改造を加えるか、もしくは純正アクセルワイヤーの分岐部分で両方ともオイルポンプ側に
繋ぐワイヤーを取り付ければ良さそうです。

さもなければ、オイルポンプ側のワイヤーをこちらに取り付けてここからショートタイプの他車用ワイヤーを使ってオイルポンプ側を
引っ張っても良いと思います。( 2本ワイヤーが付くので )



↑ コネクター

中古ハーネスを買って必要な部分だけ使っても良いですし新品コネクターも普通に売られている。
ちなみにディオ 110 ( JF31 )用の中古ハーネスが流用できて入手しやすい。



↑ 新旧グロムのインマニ比較

基本的に同サイズ。
新グロム ( JC75 ) のほうは、ホースジョイント付きなので 2ストオイルホースが無加工で付く。



記事掲載日 2018/06/15