ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

ジャイロ 2スト FI 化 自作コントローラー その2

 
2スト用の 「 自作インジェクションコントローラー 」 ( インジェクション化 )の
お話しの続きです。( 4ストにも使えます )



↑ 現在は、こんな感じ ( 高さ 2.4cm、幅 12cm、奥行 6cm )

試作版を作ってから、すでに2段階ほど進化しています。

カンの良い人は判っていると思いますが、2ストの FI化は随分前に 「 実用レベル 」 まで出来上がっています。
普通にエンジンがかかって、普通に走って、全開走行も (^o^)v

私のブログは作業した内容などを日記のように書き溜めてからそれを大体 5日おきぐらいに小出しに掲載している都合上、
実際の現状とブログとの進行具合には結構差がありますからね〜

最短で 1ヶ月ぐらい、長いと半年以上も前のお話しも有ったり (^^ゞ
イベントとかの話しは直ぐに載せますけど、それ以外についてはネタを小出し状態 (笑)

ただ、最近 「 2ストのFI化って、個人で出来るものなの? 」のようなご質問をメール等で何件か頂いたので、
現状を少しだけ載せておきます。

 

↑ エンジン側の現状は、こんな感じ

わりとイイ感じにまとまったと思います。
走行しながら燃調セッティングが出来るので便利ですよ。

詳しくは、いつものように小出しにダラダラと載せようかと。
ご容赦のほどヨロシクです〜



では本日のお題 「 自作コントローラー 」 のお話しに戻ります。。。



↑ まずは自作コントローラーの 1段階目の進化

試作では 4スト用に作った基板を改造したモノでしたが専用のプリント基板を設計しなおして、新しくなりました。

リレーを 3つ搭載し、
・ 電源のコントロール
・ ウォーターポンプのコントロール
・ ラジエターファンのコントロール
も可能にしています。

最終的に 水冷ヘッドを導入する予定なので。



↑ ユニット本体の冷却ファンも付けてみた

現状ではユニット本体を純正ワゴンボックスの中に置いてるけどエンジンの熱とかでボックス内はわりと温度が上がってしまう。。。
だけど、ファンを付けると、かえって周囲の暖まった空気を吸い込んでしまうので、とりあえずファンは廃止することに。



↑ 進化の 2段階目

試作の時に使っていたリレーより大きいモノを入れたせいか消費電力が増えてしまった。
そこで、基板を少々いじって試作版と同じリレーに変更。
水冷化はまだ先の予定だから、リレーは電源用だけを搭載。

水冷化する時にでも、また新しいプリント基板を作ろうかと思っています。
内部のソフトウエアは、試作の時と比べると大幅に改良を加えてあります。



↑ プロッターでステッカーを作ってケースに貼ってみた

まあまあそれっぽくなったと思います (笑)



記事掲載日 2018/06/30