ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

ジャイロ 2スト FI 化 スロットルボディーのワイヤー取付加工

 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回はスロットルボディーのワイヤー取付加工です。



↑ まずはいつものように完成状態から



↑ 市販の後付けワイヤータイコの加工

市販の後付けワイヤータイコは、ワイヤーをカットして付けるけど
カットしなくても付けられるようにタイコを加工。



↑ 横にスリットを入れると、カットしなくても入るようになる



↑ ワイヤーストッパーの作成

アルミの角棒を切って、ネジ穴とワイヤーが入る穴を開ける



↑ ワイヤー固定金具にネジ止め用の穴を開ける



↑ 組み立てるとこんな感じ

ワイヤーの長さ調整も可能です。



↑ スロットル開度調整用のネジをツマミ式に交換

指で簡単に回せるタイプのネジに交換します。
これに交換すると、工具無しで簡単に調整が出来るようになる。
バネを使うと、ロック用ナットが不要です。



↑ ワイヤーカバーのこの部分をカット



↑ 完成

ただし、スロットルボディーを取り付ける向きによってはカバーを付けると、
これだけカットしても指が入らないので注意が必要です (^^ゞ



記事掲載日 2018/08/05