ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

ジャイロ 2スト FI 化 エアクリボックスの加工

 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回はエアクリボックスの加工のお話しです。



↑ KN企画のエアクリボックス 「 BIG-BOX 」

エアクリボックスは、これを使います。
この BIG-BOX には上部に付属のダクトが付きますが、ジャイロに付けるには微妙に取付の向きが合わないので
加工して別途ダクトを付ける事にします。



↑ カーボン板を切って取り付け、裏側から塞ぐ



↑ 塞ぐと、こんな感じ



↑ シリコンホースを入れるための穴を開ける

毎度お馴染み、型紙ステッカーです。
これにそって穴開けします。



↑ リューターで穴開け加工



↑ 吸入ダクトを 3つ付けて、中身はパワーフィルターと同じ網を入れる

いつものように、パワフィル網仕様です (笑)
網の端がバラバラにならないよう、アルミテープで補強。
元々入っていたスポンジのフィルターは小さくカットして網がガタガタしないよう、固定するために使用。



↑ 吸入ダクトは一本だけ短くカット

あとでここに吸気温センサーを取り付ける。



↑ シリコンホースを接続

少しキツく入るよう穴開けは若干小さめにしています。



↑ 不要部分をカットして完成




記事掲載日 2018/08/21