ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

ジャイロ 2スト FI 化 使用するインジェクターについて

 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回は使用するインジェクターについてのお話しです。



↑ インジェクター

ホンダの小排気量用のインジェクターは、大きく分けて 2種類あります。
主に古い FI 車両で使われてきたタイプと、新しいタイプ。

現在、私が使用しているのはグロム純正ので、これは新しいタイプのインジェクターのほうになります。
( 新・旧で形状が微妙に異なり、互いに流用は不可です )

2ストに使用する場合、4ストと比べて吸気可能な時間が半分しかないため、その半分の時間内に噴射完了しなくてはなりません。
なので、2ストで 50cc の排気量ならば、倍の 100cc 以上の車両に使われているインジェクターが必要です。

出来れば余裕をもって 2.5倍ぐらいあれば適正域かと。

そういう意味で 50cc の 2ストにはグロム純正 125cc用が丁度良いと言えます。 ( 50 x 2.5 = 125 )



↑ PCX150 用インジェクター (16450-K36-J01)

これは、ホンダ PCX の 150cc で使われているインジェクター。
グロムと互換形状です。

PCX の 170cc ボアアップキットでもこのまま使えます。

…ってことは、68 x 2.5 = 170 なので、ジャイロ用のマロッシ 68cc ボアアップキットならば、
これでギリギリ大丈夫かも?



↑ KITACO 製グロム用大容量インジェクター ( 403-0501000 )

KITACO の 181cc ボアアップキット用インジェクター。
おそらく 190 〜 200cc ぐらいでもイケると思われますから 2ストなら 75 〜 80cc ぐらいまでは大丈夫かも知れません。。。
68cc もこちらのほうが安心かも。



↑ インジェクターの比較

排気量にあわせて噴射穴の大きさや数が違いますね。


これ以上の大容量インジェクターが必要な場合はヤマハ用を流用するのが良さそうです。

市販品で種類が豊富なシグナス用なら、同形状で 250cc の 4D9 マジェ用も使えるので、守備範囲が広がります。

ちなみにシグナス系のインジェクターは、グロムインマニに穴拡大程度の簡単な加工で付きそうです。

また、台湾製のグロム用ビッグスロットルボディー付属のインマニは、シグナス系のインジェクターがポン付け可能。
付属アタッチメントの使用でホンダ用もヤマハ用も両方とも使用可能なのが良いですね。



記事掲載日 2018/09/15