ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

ジャイロ 2スト FI 化 吸気温度センサー

 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回は吸気温度センサーについてのお話しです。



↑ 温度センサー

エアクリボックスに取り付けて吸気の温度を測ります。



↑ 使用するのはスペシャルパーツ武川製の温度センサー (品番 07-04-0552)



↑ センサーを加工

コードの部分はノイズ防止のシールドスリーブで覆います。
ビニールテープを上から巻いて保護しておきます。

コネクターは防水タイプに変更です。



↑ 取り付けるとこんな感じ


吸気温度を測ることで、季節の変化に自動で燃調を追従させる事が出来ます。
キャブの場合は季節毎にリセッティングするか、もしくは夏でも冬でも大丈夫なような妥協の入ったセッティングに
なりがちですよね。

FI では季節が変わっても常にベストな燃調に保つ事も可能になるワケです。

ちなみに当初は温度変化に対する補正量をなるべく把握しやすいように色々な方法を試していましたが、
現在はシンプルにパーセントで増減するようにしています。

もちろん温度毎に燃調を何パーセント増減するか簡単に設定を変更出来るようになっています。



記事掲載日 2018/10/25