ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

ジャイロ 2スト FI 化 GROM のインマニにヤマハ用インジェクター

 
2スト用の FI 化( インジェクション化 )のお話しの続きです。
今回はヤマハ用インジェクターを使うための加工方法について。

ヤマハ用は容量の種類が豊富!

豊富にあれば、ジャイロを今後ボアアップをしてもセッティング時に困ることは無いでしょう。



↑ まずはいつものように完成状態から

先日載せた KOSO のインジェクター変換キットを使用します。



↑ 加工は簡単♪

例えば、JC75 グロム用インマニの場合だと、中が約 8mm の穴と、約 11.5mm ぐらいの穴で
2段階の穴になっています。

これを、9.5mm と 13mm に拡大して、少し多めに 13mm のほうを面取りしておけば完成。
9.5mm は普通のドリル、13mm はエンドミルか刃の厚いホルソーを使用すると良いでしょう。
たったこれだけでヤマハ用インジェクターが付きます。



↑ Oリングを装着

青矢印のところにヤマハの Oリングが入っているので、それを外して緑矢印のところに 「 グロム 」 のほうの
インジェクターから外した Oリングを入れる。( グロム用のほうが厚みがあって丁度良い )



↑ インジェクター変換キットの下に 3mm スペーサー

3mm スペーサーを入れてインジェクターを差し込むと約 1mm程度、浮いた状態です。



↑ ネジを締め込む

ネジを締めると Oリングが潰れて完全密着 (^o^)v



↑ 噴射口も良い位置になります



↑ コネクター類との干渉はありません



↑ ビッグリードを装着

ビッグリードを使う事で、シリンダーからの距離も充分に確保できます



↑ インジェクター配線も干渉しません



記事掲載日 2018/11/30