ホンダ ジャイロ キャノピー、ヤマハ シグナス トライク(台湾・五期)、ICEBEAR ファルコン トライク(DF150TKA)メンテナンス・カスタマイズ情報

トップページ > ブログ > Yahoo! ブログのバックアップ
( このページは過去に Yahoo! ブログにアップした記事のバックアップです )

社外スポーツマフラー

 
今回も排気系のお話しの続きです。

話の流れ的には駆動系のお話しの続きというか、排気系に脱線した話をここらでそろそろ駆動系
の話に戻したいと思います。

…というワケで、まずは排気系のお話しから始めますね。


さて、社外のエキパイを装着してから約 2ヶ月後、今まで付いていた 純正マフラー(?)を外して
社外のスポーツマフラーに交換しました。



↑ 純正? との比較

純正っぽい形状ですが、中身はチャンバー構造になっているスポーツマフラーです。

ウチの奥さんがたまに通勤で乗っていく事もありなるべく静かそうなのを選びました。



↑ 装着完了

余談ですが、この頃はまだミニカー登録ですね。
エンジンはもちろん 49cc のままです。

音は、今まで付いていた純正? と殆ど同じ。

音量も音質も純正? に非常に似た感じで、まるで交換していないかのようです (笑)
スポーツマフラーとしてはかなり静かなほうではないかと。

トルク型のチャンバーのようで、エキパイ交換の時よりも、より一層トルクが盛られましたね。

その代わりに最高速はあまり変わらない感じ?
まあ、WRセッティングをしないとダメだよね。

チャンバーというと高回転仕様で WR を軽くしないとまともに走らないイメージがありますが
このマフラーは重いままでそれなりに走ります。
9g x 6 で普通に走れました。

5g x 6 ぐらいまで軽くしたら、かなりピーキーな特性になり 9500rpm ぐらい回りますね (^^ゞ

ここまで回すと音もうるさくなってツライかも。
音の事を考えると 6g x 6 までかな。

つづく。。。


記事掲載日 2019/01/20